2018/01/16 08:10

おはようございます。茶屋すずわの渥美です。


昨日は静岡市が運営する「静岡市お茶のまちづくり推進委員会」の活動で静岡大学に行ってきました。
昨年度から授業の一環として学生がフィールドワーク、講座と、お茶のことを学び若者の視点から、関係者との交流の中でお茶に関わる課題を理解し、その解決策を提案するということを目的に始まりました。
その中間発表の立会に行きました。
まだ始まって半年くらいですが学生の皆さんよく調査や資料の収集され勉強しており、若い人の立場からいろいろとお茶を普及させるための方法を考えていました。
アドバイスという立場で言ったのですが、データや実際にフィールドで集めた情報などを元に問題解決法を語る若者の言葉にうんうんと納得、感心してしまうばかりでした。
茶業者として様々な年齢層の方の話を聞き、またそれらの意見を実際に現場に落とし込み、改善しながら更によいものにしていくのが務めだと考えてます。
若い人の意見が聞ける。良い機会に恵まれました。

キャンパスに大王松、アメリカフウなどの木がたくさん植わっていて実が落ちていたので拾ってきました。