2018/10/11 08:18


静岡県周智郡森町にアトリエをもつ鈴木進さんの急須、湯呑みが入荷致しました

鈴木さんは森山焼を継承しつつ自らの作陶活動もしている陶芸家で昔ながらの製法で茶こしの部分まで手作りで制作しております

優しく温かみのある形、そして注ぎ口のキレの良さ、丁寧に作られた稜線文様

『生きることの褒美のような時間のお供になり、手に包まれるのが湯呑みである』

憧れの方が言っていた

お茶好きにとって湯呑みとは日々何度も手に取る道具であり、使い手の時間を共に刻むものです

自分だけのお気に入りを探している方に是非手にしてもらいたい鈴木進さんの茶器です

長く付き合える道具として手に取っていただければ幸いで

※現状は店頭販売のみですがネット販売する際はアナウンスさせていただきます