2019/10/30 08:22



【薫風】(くんぷう)

新緑の頃、この茶の摘み取りは始まります

標高の高い地で大切に育てられ一葉一葉丁寧に摘み取られるこのお茶は強い旨味、爽やかな香りを併せ持ちます

新緑の間を若葉の香りを漂わせ吹いてくる風のように優しく心に染みていく

柔らかな葉を原葉とした針のような形状

急須の中で穏やかに開く葉の様子

五感で愉しむ茶に仕上げました

「薫風」の茶を育てているのは全国品評会農林水産大臣賞受賞、天皇杯受賞、北海道洞爺湖サミット献上茶園など数々の栄誉ある賞を持つ天竜のカネタ太田さん

長年茶業に携わり表面だけの技術をなぞっても決して真似できない太田さんの品評会出品用茶葉だからこそできたお茶です

仕上げは一本一本ピンセットで茎を取り除き、火入れは竹で編むバスケといわれる昔ながらの火入れの道具を使い炭火でじっくりと焙煎しました

パッケージデザインは紙にまつわるイラスト、デザイン、製本を行う【hase】さんに制作依頼を致しました

高級茶には需要がないと言われる時代、憧れの大好きな農家さんが大切に丁寧に育てた茶葉で、自分がいま持てる技術と手間を最大限に使った自己満足とも思えるお茶

このお茶が誰かの心に染みますように

本日より販売を開始致します