2020/04/15 08:13



愛知の工房にて制作する松本美弥子さんの湯呑み、豆皿が入荷致しました

繊細な手仕事から生まれる松本さんの作品。使うほどに愛着と個性が宿り、表情も変化していきます。

こちらの写真の湯呑みは一年程前にクラフト市で松本さんから譲っていただいた作品。

親指がすっぽりと入る窪みがあり、どちらが湯呑みの顔ですかとお尋ねしたら『使う人の色が入ってはじめて完成と言えるので決めていいよ』と言われその言葉に心をグッと掴まれました。

容量は8分目で80ccと小ぶりですので少し贅沢なお茶をゆっくりといただく際にお勧めです